買ってよかった

人生初美味しいコーヒー!〇〇珈琲で苦手克服できました

澤井珈琲「やくもブレンド」レビュー

現在26歳ですが、ほんの数か月前までは

コーヒー苦い!飲めん!

てな感じで外出先でコーヒーを頂いても大量のミルクと砂糖がなければ飲むことができないくらいコーヒーが苦手でした。

「子どもだなぁ」とか「ガキや」とか散々言われてきた私ですが、ここ1か月、一緒に仕事をする方の勧め(?)でこだわりのドリップコーヒーを飲ませていただく機会がほとんど毎日ありまして、はじめはイヤイヤ飲んでいたはずなのですが、先日の楽天お買い物スーパーセールでいつの間にやらコーヒーを注文していたではありませんか。(笑)

コーヒーを飲むようになった理由

毎日毎日コーヒーをドリッパーで入れていただくのですが、せっかくだからと4杯分入れるので(しかも当初はコーヒーが苦手であるということは言えていませんでした。)、私も一緒に飲まなければならなくなったというのが事の始まりでした。

もちろん最初は美味しいなんて思っていませんし、こんな苦いものに何故お金をかけるのか?とすら思っていました…。(ごめんコーヒー)

しかし面白いもので、昼食を食べた後にコーヒーを入れて飲むことが当たり前になると、苦くて嫌いなコーヒーを飲まなければ仕事ができなくなってしまっていました。嘘じゃないですよ。

最初は私も無理して飲んでいましたから、コーヒー好きはともかく、コーヒーが苦手な人は外圧があって無理やり飲まなければならない状況があって初めてコーヒーが飲めるようになるのかなと思います。無理はする必要ないと思いますが、元々コーヒーが苦手だった私が「美味しい」と思えたコーヒーがありますので、コーヒー嫌いを克服したい!という方はちょっと試してみてもいいかもしれません。さっさと教えて!という方のために↓こちらにリンクをそっと置いておきます。

コーヒー ドリップコーヒー 福袋 1分で出来る コーヒー専門店のやくもブレンド70杯分入りドリップバッグ福袋

コーヒーが苦手だった私が初めてコーヒーにはまった日

楽天スーパーセールは言わずと知れたネット上の大セールですよね。ポイントもたくさん貯まりますから、ちょうど毎日のコーヒーが習慣になりかけていた私は自宅でも夫の飲むインスタントではなく、ドリップ式のコーヒーを飲んでみたいなと思い、セールでのお買い物ついでにレビューを調べつつよさげなコーヒーを購入しました。

ええ、注文したその日からワクワクが止まりませんでしたよ。ちなみに自宅にはコーヒードリッパーというおしゃれなものはありませんでしたので、カップに取り付けるフィルターが個包装になっている便利なコーヒーを購入しました。ちなみに知人がコーヒーを入れるのに使っているのは立派なドリッパーでした。

澤井珈琲さんの「やくも」が至高すぎました

私が購入したのはこちらの澤井珈琲さんの「やくもブレンド」

 

 

コーヒーって、今までの経験上

  • 苦い
  • まずい
  • 変な酸っぱさ

というようなイメージしかなく、美味しいとかスッキリとかいう要素は私の中では皆無だったんですね。

商品が到着し、段ボール箱を開けるとコーヒーのいい香りがしましたので早速飲んでみました。

スッキリ!そしてスッキリ!

これまで飲んだコーヒーは後味も苦いとかまずいとかあまりいい印象ではなかったので、ミルクやお砂糖で自分の舌をなんとか騙しながら飲んでいましたが、「やくもブレンド」は私が見たレビューの通り、コーヒーがあまり好きではなかったはずの私でもブラックで飲めてしまうほどに雑味がなかったように感じます。

コーヒーが苦手な人でも美味しく飲めるコツ

ドリップ方法

ドリップするときの温度や蒸らしなど、細かい決まりはありませんが、コーヒー豆やドリッパーに正しいコーヒーの淹れ方はだいたい書いてあるのではないでしょうか。難しいことは気にしなくていいので、正しい方法で正しい順序でコーヒーが淹れられれば変に濃くなったり薄くなったりすることなく、美味しくいただけるのではないかと思います。

ミルクやお砂糖

ミルクやお砂糖はブラックが苦手だという方は既に活用されているかもしれませんが、ブラックが飲めなくてもミルクやお砂糖を入れて美味しく飲めるのであればそれはそれで大正解だと思います。

難しく考えず、美味しいと思える分量でカフェオレにしてみたり、甘いコーヒーにしてみるのは悪くないと思います。

苦手であることを忘れる

そんなの無理やで!という方も多いかもしれませんが、私はこれが一番効きました。確かに「やくも」に出会ってからはコーヒーが美味しいものであるというイメージにガラリと変化したわけですが、それまではお客様にコーヒーを頂けばありがたく飲んでいましたし、「コーヒーは飲めません」とお断りしたことはありませんでした。私がコーヒーにドはまりしたきっかけとして一緒に作業をするお仲間のほんのお気持ちというところがありましたが、毎日毎日ありがたく頂戴しているうちにいつの間にかコーヒーの世界にいざなわれていましたから。

【まとめ】コーヒー苦手克服には外圧と「やくも」

そんなこんなで今日はなんとも和やかな文章でしたが、コーヒーが苦手ならコーヒーが勝手に出てくるようなところに通うのがいいかもしれません。(笑)

それと本当にコーヒーが苦手なんだけれども克服したいからおすすめを!というのであれば、澤井珈琲さんの「やくもブレンド」はぜひ一度試してみてほしい。友人に出してみたが、「あれ?後味もすっきりだね?」と不思議そうにコーヒーを飲む様子を見せてくれました。

コーヒーは苦いイメージが大きい飲み物なのですが、出先でお客様に出してもらえたり、家庭でもなんとなく行きつく暇がない時に淹れてもらえたりすると、味云々ではなくてその状況にホッとしますよね。26歳にしてやっとコーヒーの良さが分かり始めました。これからもいろんなコーヒーを飲んでみたいなと思います。