買ってよかった

ソフトバンクエアーはごみという評判について

softbankair

今回はソフトバンクエアーがごみだという評判が多々ある中で、バリバリのソフトバンクエアーユーザーである私が、エアーが本当にごみなのかを検証してみました!という内容となっております。

これからwifiを検討する、乗り換えるという方はソフトバンクエアーのメリット・デメリットを知って、ご自身の環境にあったwifi選びの一助になればと思います。

メリット・デメリットを知って快適なwifiを!

ソフトバンクエアーがくそだとかごみだとかひどい書かれ方をしているのが某SNSで目に入りました。メリット・デメリットを一度冷静に考えてみたところ、次のような情報が洗い出されました。

ソフトバンクエアーはごみじゃない!メリット5つ

  • 工事不要!
  • 月額料金が安い!
  • 即日利用可能!
  • 速度制限なし!無制限で使える
  • ポケットwifiより速度が出やすい!

工事不要

工事不要で自宅にwifiが引けるものはソフトバンクエアーを含めモバイルルーターのみです。光回線を使うとなると、インターネットを引ける環境が元々整っているマンションだったり建物だったりする必要があり、もしそのような環境がないのであれば先に工事をする必要があります。

キャッシュバックなどをして工事費無料などと謡っている代理店もありますが、細かい条件設定で有料オプションを付けなければならなかったり…といったワナがあることも多いので、キャッシュバックに飛びつくのはいかがなものかと。工事費は2万円前後といったところが相場です。

月額料金が安い!

月額料金はソフトバンクユーザーなら利用開始時から2年間は4730円、ソフトバンクユーザーではない場合4180円です。

私はソフトバンクユーザーではないので、毎月4180円で快適なwifiを使うことができています。

ちなみに光回線でもソフトバンクエアーより月額料金の安いものもありますが、価格が安いのは初めの24か月のみで、それ以降は更新日以外の解約で違約金がかかったり、割引がなくなったりして、結局ソフトバンクエアー以上の金額を支払わなければならなくなります。

ソネット光+という光回線ですが、ご興味があれば調べてみてください。場合によってはソネット光のほうが安く高品質なWi-Fiを利用できるかもしれません。

即日利用可能!

自宅にホームルーターがやってきたその日から難しい設定はなしでインターネットに繋ぐことができます。早急にインターネット環境が必要な場合は、工事の日まで何にも待つことはできないので、手軽にソフトバンクエアーを使う人もいます。この場合は、デメリットを分かったうえでご契約をする必要がありますから、急いでいても注意書きなどはしっかり読まなければなりませんよ。

速度制限なし!無制限で使える

ポケットwifiなどでもよくあるのが、「〇GB利用で〇日間の速度制限がかかる」という速度制限。しかし、ソフトバンクエアーは速度制限はなく、公式さんも速度無制限と公表しています。

が!私が使っていて夜間21:00~22:00頃は少しばかり速度が遅いように感じられる日もあります。これは実際に速度が低下しているらしく、ソフトバンクのスマートフォンと同じ電波を使っているので、利用者が多ければ回線が混雑し、速度が遅くなるという現象が発生するとのことでした。私自身あんまり気にならないのですが、その時間帯に複数台で動画を見たり、ゲームをしたりするとなると、もしかするともたつく画面にイライラするかもしれません。きっとそんな人がソフトバンクエアーをごみ扱いしているのだと思います。(笑)

ソフトバンクエアーはごみかも?デメリット

  • 光回線に比べ速度が遅い
  • 自宅でしか使うことができない
  • 解約金が高い

光回線に比べ速度が遅い

wifi速度は一般的に、光回線>ホームルーター>ポケットwifiと言われています。光回線は早いのですが、オンラインゲームをよくする、複数台で同時に動画を再生するなどの使い方をしない限り、必要な速度はホームルーターで十分賄うことができます。

私は趣味で動画編集を行いますが、プレミアプロというソフトを使って動画編集をする場合でもソフトバンクエアーで十分サクサク動いてくれています。

自宅でしかつかうことができない

これはホームルーターを勘違いしている人が多く、きちんと押さえておきたいポイントなのですが、基本的に契約時に登録した住所以外で使用することはできません。また、利用した場合は、登録した住所以外での使用が検知された旨のメールが翌日には届くという情報も転がっています。

ホームルーターなど、コンセントで接続するタイプのwifiをご検討されているのであれば、使用場所をきちんと守って使用することをおすすめします。また、自宅外での使用をメインに考えているのであれば、ワイマックスなどで有名なモバイルルーターの使用をおすすめします。もちろん両者にそれぞれ長所と短所がありますので、導入の際は慎重に選びたいものです。

解約金が高い

解約金は正直光回線であろうが、ホームルーターであろうが、基本的には高いものです。なぜなら、はじめの2年ほどは割安で使ってもらい、その後金額を跳ね上げることで利益を得る会社が多いからです。そのため2年以内に解約されては会社側も困りますし、私のケースだとルーターの割賦は48か月なのに契約期間は36か月だったり、契約時にめちゃめちゃお得に見えるものは隠れたワナがたくさんあります。

更新期間で解約をしようと思っても、端末支払い期間を48か月にしていると残りの割賦代金を支払う必要があったり、割賦代金を24か月に設定していていざ解約しようと思っても37か月目まで待たなければ違約金が発生したりと厄介な決まりが本当に多いです。

端末代金を36回払いにもできるようなのですが、私が契約した代理店はそのようなプランがなかったような気が…。気にしても仕方ないので気にせずにガンガン使い続けるつもりです。

【まとめ】ソフトバンクエアーはこんな人に向いている!

  • 自宅で使用することが多い
  • 重いアプリを起動したり、オンラインゲームをすることが少ない
  • 夜間に多少速度が遅くなってもあまり気にならない

外ではスマートフォンのLTE通信、自宅ではwifiを使いたいという程度であればソフトバンクエアーは優秀だと思います。オンラインゲームを四六時中していたり、動画を見る人が同居人に多かったり、ホームルーターでは少し画面がもたつく場合が目立つような使い方をしている人には光回線をおすすめしますし、外で使うことがメインなのであればモバイルルーターでいいと思います。

ネット上ではいろいろな情報が飛び交っていて、ソフトバンクエアーがごみだとかくそだとかいう情報も散見されますが、そういった方はおそらくインターネットに依存した使い方をしている場合が多いような気がします。

私のようにろくにブログも更新しない、動画も編集しないライトユーザーであれば、ソフトバンクエアーで十分だし、選んでよかったなぁと思っています。